松浦鍼灸大学堂は、父である松浦英世が、昭和51年より淀川区塚本で開業し、 その後、十三北口、梅田(芝田一丁目)を 経て、平成23年に現在の淀屋橋に移転しました。
  この度、平成29年5月より、私、松浦穣士が松浦鍼灸大学堂の院長に就任することとなりました。
私自身、この鍼灸の世界に入って20年ほど経過しました。 父が築いてきたこの鍼灸院をより多くの人に鍼灸の魅力を知っていただけるよう、これからも父とスタッフ一同、心身ともに 癒される鍼灸院を目指していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


                    院長  松浦穣士
2020/5/4
緊急事態宣言の延長に伴う診療日・診療時間変更のお知らせ
  緊急事態宣言が延長されたことにより、しばらくの間は下記の通り診療させていただきます。

  月曜日 9:30〜17:00
  木曜日 9:30〜17:00
  土曜日 9:30〜12:30
 ※火曜日、水曜日、金曜日は休診させていただきます。
  スタッフを減らして治療にあたりますので、来院予定の患者様はご予約のお電話をいただくようお願いいたします。
今後あるいは情勢の変化に伴い診療日および時間が変更となることもありますので、ホームページ等でご確認のうえご予約お願いいたします。
2020/4/8
緊急事態宣言が発動されましたが
  皆さまご存知の通り、大阪でも新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急事態宣言が発動されました。

  全日本鍼灸マッサージ師会が厚生労働省に問い合わせたところ、「鍼灸マッサージ業は、停止業種にはならない」との回答をいただいたそうです。
2020/3/16
当院は休まず治療しております
  令和2年になってからコロナウィルスによる感染症に
より大変な事態になっています。

当院では患者さんが交通機関を利用するため自宅待機をされている方もおられますが、ほとんどの患者さんはマスクや手洗いを実行し治療に来ていただいております。

  こんな時こそ私たちが訴えている自己免疫力を上げることにより感染症の予防や体質改善、さらに自宅に閉じこもることによる精神的な不安を解消できると考えています。

  前回(最近の東洋医学について感じたこと)にも述べたように、最近のテレビによる治療に、すねの足三里穴にお灸をすることにより免疫力を上げ呼吸器疾患に効果を上げることが今回のウィルス症状にも適応すると考えられます。
当院でその他のツボに鍼灸治療を受ける、また、自宅灸をすえることなどで対処していただければと思います。

  この事態がより早く終息し普段の生活に戻ることを願っております。
    
2020/2/19
最近の東洋医学について感じたことを書きました
ご覧くださいこちら
    
2018/3/12
平成30年4月より
診療時間が一部変わります。

ご注意ください。
4月からの診療時間についての詳細はこちら
       
2009/3/18
まつうらしんきゅう塚本分院開院のお知らせ
JR塚本駅近くでまつうらしんきゅう塚本分院
(院長:松浦穣士)を開院しました。
完全予約制です。
お近くの方は塚本分院もよろしくお願い致します。
KATA(関西運動器障害研究会)
ついてはこちらをどうぞ


令和2年度KATA講義予定
詳細はこちらからどうぞ  
令和2年度講師の先生をご紹介します。
詳細はこちらからどうぞ  
KATA講義予定
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、
休会させていただいております。
  参加を予定していただいた皆様には
大変ご迷惑をおかけしますが、健康・安全面を
第一に考え、このような判断となりました。  
  6月以降の開催の有無に関しましては、
改めてお知らせさせていただきますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Copyrights (C) 2007 Matsuura-Shinkyu. All Rights Reserved.