松浦鍼灸大学堂は、父である松浦英世が、昭和51年より淀川区塚本で開業し、 その後、十三北口、梅田(芝田一丁目)を 経て、平成23年に現在の淀屋橋に移転しました。
  この度、平成29年5月より、私、松浦穣士が松浦鍼灸大学堂の院長に就任することとなりました。
私自身、この鍼灸の世界に入って20年ほど経過しました。 父が築いてきたこの鍼灸院をより多くの人に鍼灸の魅力を知っていただけるよう、これからも父とスタッフ一同、心身ともに 癒される鍼灸院を目指していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


                    院長  松浦穣士
    
2022/8/23
治療費改定のお知らせ
  昨今の原材料高騰や諸経費の値上がりにより、
9月1日(木)より各治療費の価格を改定させていただきます。
  大変心苦しい決断ではありましたが、今後も皆様により良い治療を提供できるよう努めて参りますので、変わらぬご愛顧いただきますようお願い申し上げます。
詳しくはこちらをどうぞ

2022/6/6
  大阪市もほぼ平常通りの生活に戻りつつありますが、まだまだ気をつけて来院お願いします。
  当院も従来通り感染予防を徹底しながら続けています。

季節の変わり目でもあり、最近では気温気圧などの変化による体調の異変、特にぎっくり腰などの腰痛症が多いようです。従来から来られていた患者さんをはじめ、新たな患者さんからも電話やメールで体調に対する質問、問い合わせが増えてきています。
  病院に行くまでの悩みや検査の有無など色々とありますが、当院で東洋医学として日常生活の仕方をお答えしますのでお気軽にお問い合わせください。

また、コロナに罹患された方の約30%が後遺症に悩まされているとのことです。主な症状は嗅覚麻痺や味覚障害さらに呼吸器障害、脱毛などが多いようです。当院で最も目立つのは声がれや呼吸器症状です。
東洋医学ではこのような症状に対する治療法があり当院も一人ひとりにあった症状を研究し治療しております。
一度ご相談下さい。


  最後に、来院予定の患者様には密になるのを防ぐためもあり、事前予約をお願いしておりますのでご協力お願いいたします。

      TEL:06-6484-7313
  診療曜日・時間についてはこちら
  ※  「ペイペイ」もご利用できます。
2021/7/2
コロナ禍での治療所

  当院は現在、全スタッフ一丸となって、カーテン、枕、タオル等患者さんの身体に触れるものの消毒の徹底、こまめな換気など、感染予防に取り組み、幸い診療内容においても制限はしておりません。

  少しでも安心してご来院いただけるように、治療室の入り口、受付、洗面場などにノータッチ式消毒ディスペンサーも完備し、さらにプラズマクラスター空気清浄器、加湿器等も追加いたしました。
    
2020/2/19
最近の東洋医学について感じたことを書きました
ご覧くださいこちら
2009/3/18
まつうらしんきゅう塚本分院お知らせ
JR塚本駅近くでまつうらしんきゅう塚本分院
(院長:松浦穣士)を開院しております。
完全予約制です。
お近くの方は塚本分院もよろしくお願い致します。
令和4年度KATA講演会のお知らせ

  関西運動器障害研究会の事務局です。
  いつもKATA講演会にご参加いただきありがとうございます。

  今年度は5月より奇数月のみの全5回で開催することになりましたのでご案内させていただきます。

  今後とも関西運動器障害研究会をよろしくお願いいたします。
KATA(関西運動器障害研究会)
ついてはこちらをどうぞ


講演会のお知らせ

次回は11月20日の予定です。

内容は決まり次第お知らせします

事前予約が必要となりますのでご注意ください。
詳細はこちら
Copyrights (C) 2007 Matsuura-Shinkyu. All Rights Reserved.